attention admin about comments trackbacks you may also like

ウェブカラークリエイター(Webcc)の紹介

2015年11月20日
便利なアプリ
0
ウェブカラークリエイター HTMLカラーコード RGBカラーコード カラーピッカー
自分でブログやホームページ運営していると、そのテンプレートをカスタマイズする時に「色」を変えたりしたくなる場面がありますよね。
自分好みに「この部分の色を変えたい」と言う時があります。

そんな時には私は

ウェブカラークリエイター(Webcc)  [ Windows10でも動作しています ]

というソフトを利用して重宝してます。
いわゆる多種類ある「カラーピッカー」の1つです。

Vector-ウェブカラークリエイター

からダウンロード出来ます。

パソコンにインストールして起動すると


ウェブカラークリエイター(Webcc)の起動画面


こんな画面が立ち上がって来ます。
画面内の「カラーネーム」のスライドメニュー部分をマウスクリックすると、予め設定されている「カラーネーム」がズラズラっと表示されますから、それから色選定することも出来ます。


ウェブカラークリエイター(Webcc)のカラーネームメニュー画像


こんな具合です。

ただ、このソフトの一番便利な操作は、画面にある「スポイト」をマウスで動かす(移動させる)ことで「ピンポイントの色を取得出来る」ことにあるんです。


このGIFアニメを参照してください。


[ 画像クリックで GO & STOP ]

スポイト先の色を取得するGIFアニメーション
[ 画像クリックで GO & STOP ]



ご覧のように、画面内のスポイトをマウスで移動すると、カラーコード値が変わっていくことが分かりますよね。
つまりは、スポイト先の色をピンポイントで取得出来ると言うことなんです。
このサンプルアニメではデスクトップ画面の色を拾ってますが、Webページを開いてるとしたら、その任意の場所の色を取得出来る訳です。

このウェブカラークリエイターでは、色を


ウェブカラークリエイター(Webcc)で色設定をしている画面


16進数表示: #F78F36
RGB表示: rgb(247,143,54)

で取得出来ますから、カスタマイズしたいテンプレート等で16進数表現になっているかRGB表現になっているかで使い分けることが出来て便利です。

ただしこのスポイトはかなりピンポイントな部分の色を拾いますので、色決定するには、スポイトをその辺りで小刻みに動かしてみて「よし! この色だ」(笑)と決定するのがコツです。

関連する記事
ぼっちん
Author: ぼっちん
記事に関わらないコメントでもOKですからね~ ^^

コメント(0)

There are no comments yet.