attention admin about comments trackbacks you may also like

画像処理(加工・編集)ソフト・PhotoFiltre(無料)の紹介

2015年11月12日
便利なアプリ
0
PhotoFiltre 画像処理 画像加工 レタッチ
前記事に引き続き、画像処理(加工・編集)に簡単で便利な無料ソフトを紹介します。

PhotoFiltre(フォトフィルター)

このフォトフィルター、私は主に画像への文字入れに活用しております。

他の機能はあまり使ってはおりません (^_^; アハハ…
まあ、ご多分に漏れず文字入れの他、多数の機能を持ってるソフトです。
前記事のGIMPよりはずっと簡単操作で、画像加工の初心者さんでしたら、こちらのソフトから始める方が良いでしょう。


PhotoFiltreを起動すると


PhotoFiltreを起動した画面


こんな画面になります。



今回は操作例として「画像に文字入れ」をしてみます。
PhotoFiltre画面に必要画像をドラッグ&ドロップするか読み込みます。


PhotoFiltreに必要画像を読み込んだ様子


こんな具合になります。
この画像に文字(テキスト)入れをしてみます。

先ずはPhotoFiltre画面上操作メニューの「T」をクリックすることで、文字入れ画面が出てきます。


PhotoFiltre画面上でテキストアイコンをクリックする画面


こんな文字(テキスト)入れ画面が現れます。

文字のフォントやサイズや色を設定します。


PhotoFiltre画面上でテキスト入力メニューを表示している様子


記入文字を書きます。


PhotoFiltre画面上でテキスト入力している様子


文字を記入して「OK」をクリックすると、画像上に仮表示されます。


PhotoFiltre画面上でテキストを仮入力した様子


この仮表示中(文字の周りに枠線が表示されている時)でしたら、文字の位置をマウスで画像上のどこへも移動出来ます。

この文字「冬の景色」の文字列に影を装飾してみましょう。
文字列の枠内でマウスを右クリックして現れるメニューの「効果」をクリックして、文字列に影を付ける設定をします。


テキストに影を付ける設定


色々なパターンの文字装飾が出来ますが、とりあえずはここでは赤線枠内の機能の「ドロップシャドウ」だけで装飾をしてみます。


テキストにドロップシャドウを追加した様子


こんな影装飾が出来ました。
文字装飾は、色々とご自分で操作して好みのパターンを見つけると楽しくなります。

これで良かったら、文字列の枠内でマウスの右クリックして、そのメニューの「テキストの確定」をクリックすると、文字列が画像上に確定します。


メニューの「テキストの確定」をクリックする様子


後はPhotoFiltre画面上のメニュー「ファイル(V)」→「名前を付けて保存(U)」操作にて完了です。

完成した画像が


装飾されたテキストが完成した様子


このようになります。

とっても簡単に文字入れとその装飾が出来上がります。



関連する記事
ぼっちん
Author: ぼっちん
記事に関わらないコメントでもOKですからね~ ^^

コメント(0)

There are no comments yet.