ブログへの閲覧ブラウザ集計をしてみた結果

2018年10月28日
0
0
初級パソコン術

弊ブログでは、ブラウザIE(Microsoft インターネットエクスプローラ)での閲覧は考慮しないCSS構造にて運営しておりますので、時々アクセス解析で「 IEの閲覧率は下がって来たかな~? 」と、楽しみに調べているんですよね(笑)
そして、10月27日の閲覧ブラウザ集計をしましたら、下図のような結果になったんです。

画像上部に記録されているように、ブラウザ種類は35となっていて実際にはもっと下までリストが続いているんですが、画像が大きくなってしまう為に16番目まででカットしてありますが、筆者が知りたいIEの閲覧率はリスト3番目の ユニーク: 8.13% ページビュー: 13.03% と表示されておりますから 「 以前よりまた下がって来てるよね~♪ ヽ(^^ ) ヨシヨシ 」 っとほくそ笑んでいるんです、筆者にとっては喜ばしいことですから(爆)

この時に、反射的にブラウザEdgeの数値も見てしまうんですよね、、、ユニーク: 1.81% ページビュー: 1.47% 何というこの低調さ(笑)
筆者のもくろみ通りに、弊ブログ閲覧ではますますMicrosoftブラウザの閲覧比率は下がってきておりますが、ちょっと意外なのが、IEからEdgeへの移行があって、IE比率が減る分Edgeの比率が上がってくることも予想はしていたんですけど、その気配はまったくなく、法人や団体組織レベルでの利用ブラウザも「 Microsoftブラウザ離れが起きている 」と判断がつく様子ですよね。

ただですね~ 筆者の心配は「 ブラウザGoogleChromeの比率が上がりすぎないと良いんだけど~ 」とも思っているのが本音なんですが、まぁ、上図を見て戴くとお分かりのように、トップブラウザは現状では「 Mobile Safari 」ですからまだ安心はしているんですが、これは日本特有の比率のようで、日本国内ではAppleのiPhoneのシェアが高いためにこのようなブラウザ比率になっている様子ですが、こうまでスマホ閲覧率上昇が顕著に表れると、Googleの唱える諸々の「モバイルフレンドリー・モバイルユーザビリティ」は、やはりブログ運営に於いては既に必須要件であることが見えますよね(笑)

全世界的には、StatCounter Global Stats  にアクセスして戴くと分かりますが、GoogleChromeがシェア率トップで 60.6% にまで占有的になりつつあるんですが、これはは筆者的に憂慮してしまいますけどね。
まぁ、筆者もChromeはメインで常用しておりますから、数値的には喜ばしいんですけど、反面憂慮する程の占有率になりつつあるんです。

新興ブラウザとしては、まだ伸びがずっと小さいですけど、ChromiumのVivaldi(ビバルディ)、、、


Download Vivaldi

Download the latest version of the Vivaldi browser for Windows, Mac or Linux. Browse your way with a fully customizable browser packed with advanced features.


がありますが、何やら頻繁にアップデートを繰り返していて安定性が不安視されており、ブックマークバーもChromeのような自由な使い方も出来ず、また、起動ももっさりしていて筆者的にも不満いっぱいであまり利用していないブラウザでして、従って、Chromeを脅かすような新興ブラウザは暫く生まれておらず、このままでは、かつてのIE独占時代の二の舞がやってくる懸念もあるんです。

競い合うシーン

Webブラウザでも、やはり競い合ってより良いものに高める必要性はある訳でして、、、ああ、そんな心配をしてしまうくらいにChromeの世界席巻になりつつあり、とても心配ですが、そこは英知集団のGoogle、MicrosoftのIEチームのようなヘマはやらかさないと思いたいですね~ (^^ゞポリポリ

スマホでインターネットを楽しむ女性

スマホでネットは楽でいいわぁ♪

あなたのブログはモバイルフレンドリーですか?
Google モバイルフレンドリーテスト

あなたのブログ内分析はGTmetrixが強力です!
GTmetrix


検索からの方はトップページへもどうぞ



関連記事
ぼっちん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply