iPhone話題

iPhone・Androidで超簡単VPN(アプリ利用編)

0 0


過日に弊ブログで

iPhoneでVPNを利用するのは簡単なんですよ

さて、この記事タイトルの「iPhone」は今や誰でも知ってますよね(笑)でも「VPNってなあに?」って方がまだ



こんな記事を書きました。

検索からいきなりこの記事に辿り着いた方は、必ず一旦 ↑ こちらの記事に目を通して 「VPNとはなんぞや?」 をご理解下さい。

今回は、その前記事よりももっと遙かに簡単にiPhoneでVPNを利用する方法を解説します(爆)
『 そんな方法があるんだったら、先に書かんかい!! 』 って怒る人も居るかもですね(笑)上の記事を読んでおられた人の中には(^_^; アハハ…
前回記事では、AppleのiOSに備わっているVPN機能に直接諸設定を手入力で行ってから利用する方法でした。
この方法はクライアントソフト(アプリ)を使わない方法ですので、「L2TP/IPsec」という接続方式を用いていたのです。
その為のVPNサーバーが海外に拠点を置くものが多く、どうしても「繋がりにくい・回線速度が遅い」と言うのが実情でした。

今回のものはそのクライアントソフトを使っての、簡単利用になります。
しかも、多数の日本国内のVPNサーバーを利用出来る為に、回線速度もそれなりに速く快適にVPN通信が楽しめるようになります。 


2017-04-13-iPhone-vpn.jpg




アプリのインストール


下記2つのアプリをインストールすることで自動連携が出来てとても簡単にVPN通信を楽しめるようになりますので、App Storeアイコンをタップしてインストールして下さい。
Androidの方も同じアプリがありますので、そちらからインストールするとよいでしょう。 

【 VPN Gate Viewer - 公開 VPN 中継サーバ 一覧表示 】 

2017-04-13-vpngate-100-100s.png Genre: 仕事効率化
 Version: 5.2.0 
 Released: 2013/07/19 
 




【 OpenVPN Connect 】

2017-04-13-openvpn-100-100s.png Genre: ユーティリティ
 Version: 1.1.1 
 Released: 2013/01/17 

 
 
 

■ Android版

VPN Gate Viewer
OpenVPN Connect


下図のようにインストールが完了しましたら、いよいよ利用開始になります。
面倒な設定はありません、即使えます(笑) 



2017-04-13-tj1-320c.png


 

アプリの具体的利用方法


先ずは VPN Gate を起動します。


2017-04-13-tj2-320mt.png


このようなVPNサーバーリスト画面を表示したら、画面をスクロールして利用したいVPNサーバーを画面内に表示させます。
今回は、青枠を付けた「京都府」のVPNサーバーをサンプル選択してアクセスしてみることにします。
その部分をタップすると


2017-04-13-tj3-320mt.png


このような画面に切り替わりますから、その プロトコル: Open VPN の文字列リンクをタップします。
そうすると 



2017-04-13-tj4-320t.png


このような画面に切り替わりますので青枠部分の OpenVPNにコピー のアイコンをタップして下さい。
これで、選択した「京都府」のVPNサーバーの諸データがコピーされて、アプリ「VPN Gate」からもう1つのアプリの「OpenVPN」へとデータが引き渡されます。  
そして自動的に「OpenVPN」が下図のように開きます。
 

2017-04-13-tj5-320tc.png
 

そして画面内の 2017-04-13-btn_c.png ボタンをタップします。 
すると 


2017-04-13-tj6-320tc.png


接続スイッチが現れますのでこれをONにします。
そうすると


2017-04-13-tj7-320ct.png


ご覧のように画面上部に【 VPN 】マークが表示されて、設定したVPNサーバーに接続したことが確認出来ます。
ここからは普通に 鍵(パスワード)なし無料Wi-Fi環境下 でも安心してインターネットを楽しめるようになります。

つまり、あなたが居る 鍵(パスワード)なし無料Wi-Fi環境下 の空間に、、、


情報を盗もうとする悪い輩でも盗めないVPN通信

2017-04-03-vpn_using.jpg


このような感じに、あなたのiPhoneとVPNサーバー間に「鍵付き暗号化トンネル」を作り出して、そのVPNサーバーからその先へインターネット出来るようになる訳です。

さて、それでは一旦弊ブログにアクセスして


2017-04-13-tj8-320t.png


そのアクセス解析結果を見て、ほんとにIPアドレスやホスト名が設定VPNサーバーのものに変わっているかを確認してみますね(笑)
ほんとは記事的にはここまでやる必要なんてないんですが、私って凝り性ですから念のため確認します(笑)


2017-04-13-tj9-320m.png


アクセス解析結果の下側が私の本来のホスト名やIPアドレスですが、これは見られたくない(笑)からボカシを入れました~(爆)
上が今回「京都府」設定のVPNサーバーのものです、しっかり変わってますよね~ ヽ(^^ ) ヨシヨシ

■ 注意するべきこと

VPNはWi-Fi環境下で機能するもので、外出先のその無料Wi-Fi環境下から外れると接続は自動的に切断されますが、利用が済みましたら必ずスイッチを切ることを忘れないようにしましょう。
忘れたまま外出先から自宅Wi-Fi環境下に入った場合には、自動的に再びVPNサーバー接続スイッチがONになってしまって自宅Wi-FiのIPアドレスではなくなってしまいますので気を付けましょう。
まぁ、それに気が付いたらスイッチをOFFにすれば良いんですが(笑)いろいろとIPでアクセス制限を設定してあると困りますから (^^ゞポリポリ

■ 参考
確認くん にアクセスすると、今のあなたのホスト名やIPアドレスを確認することが出来ます。



検索からの方は
トップページへもどうぞ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply