ハメコミ合成画像は初心者でも簡単に作れるんです FireAlpaca

ここに、パソコンでWEBサイトを閲覧している女性の画像があります。

WEBサイトを閲覧している女性

今からこのパソコンを乗っ取って、弊ブログ『 Webテク倉庫 』のトップページを強制的にこの女性に見せちゃいましょうね(爆)

女性のパソコンに別の画面をハメ込んだ様子

ほらぁ! 乗っ取り成功です (〃^▽^〃)oあはははっ♪

まぁ、おバカなこと言ってますけど、要はこちらの画像が、いわゆる「 ハメコミ合成 」画像と言うことなんです(笑) こんな画像を、あなたは気が付かないままに、ネット上のあちらこちらで普段から目にしているかもしれません(笑)

いまの弊ブログのトップページには……

雪景色を眺めている女性の動画シーン
[ 画像クリックで GO & STOP ]

こんな具合に、雪景色を眺めている女性の動画シーンを組み込んだテンプレートで運営しており、このトップページを静止画にキャプチャーしてハメコミ合成したんです。

あっ でももしかして、編集前の画像のモニター画面に見えてるWEBサイトもほんとはハメコミ画像なのかもしれません。 だって、見た感じがなんとなくクッキリと映りすぎてません?(笑)でしょ~(笑)
ハメコミ合成画像を利用する利点は実はそこにもある(クッキリと表示出来る)んですけどね。

今回は、このような「 ハメコミ合成 」の方法を解説してみます。 ですから、ブロガーさんやWEBサイトを運営している人には参考的に楽しくなる記事かもしれませんね(笑)


ハメコミ合成は「FireAlpaca」で簡単実現

利用するアプリ FireAlpaca(無料・Windows & Mac) は下記よりダウンロード出来ます。

FireAlpacaは、基本はペイントツールですからこれでお絵かきも出来るんですが、今回はこれの「 ハメコミ合成 」機能を紹介するものです。

FireAlpacaの編集画面に合成する画像をドラッグ&ドロップ

パソコンにインストールして起動すると……

FireAlpacaの初期画面

こんな画面が開きます。 この真ん中の編集画面に、これから合成する2枚の画像をドラッグ&ドロップしますが、その2枚の画像は……

2枚の画像を切り替えているシーン

編集画面上部に表示される、それぞれのファイル名部分をマウスクリックすると切り替えられることを頭に入れて下さい。 これからの合成で必要な操作です。

ハメコミ合成の具体的操作

さて、それでは……

操作 ①

この画像のように……

  1. 最初に「貼り付ける側の画像」をクリックして表示させます。
  2. 続いてFireAlpacaの左側の「破線の四角形」部分をクリックして下さい。
  3. そしてから、画像周りをマウスドラッグして囲んで(キッチリでなくても大体でよい)からマウスボタンから指を離します。

そうするとこの画像が選択されて……

貼り付け用画像の周りが破線で囲まれた様子

画像の周りがキッチリと破線で囲まれます。 そしたらFireAlpaca上部のメニューを……

メニューでのコピー操作

「編集」→「コピー」とクリックします。 そしてから貼り付け先の画像を選択表示して……

メニューの貼り付け操作

「編集」→「貼り付け」をクリックすると……

2枚の画像が重なって表示された画面

このように、2枚の画像が重なり合って表示されます。
この時に、貼り付ける側の画像の方がサイズ的に大きいと、貼り付け先画像を覆い隠して見えなくなることもありますが、ちゃんと下に隠れているだけですからご安心下さい。

実際のハメコミ操作手順

さて、ここからがハメコミ操作の本番で、あなたの繊細なセンスがものを言います(笑)
続けて……

選択範囲と変形のメニュー選択

「選択範囲」→「変形」をクリックすると……

貼り付ける側の画像が編集画面内をマウスで移動出来る様子

このように、貼り付ける側の画像が編集画面内をマウスで移動出来るようになります。

そしたら、キーボードのCtrlキーを押さえたままで、マウスポインタを貼り付け画像の「左上角」に持って行くと、十字型の両白矢印が表示されますから……

画像貼り付けの最初の操作

そこをマウスクリックしたままで、貼り付け先の貼り付けたい部分まで移動させてマウスから指を離すと……

左上角の部分が下地の貼り付けたい画像のモニター角に貼り付いた様子

このように、左上角の部分が下地の貼り付けたい画像のモニター角に貼り付きます。

ここで注意がありますが、貼り付けの「起点」は必ず「左上角が最初」になる必要があり、他は任意の順で貼れます。

そのままCtrlキーは押さえたままで残りの3角も同じ要領で貼り付けします。

その行程をGIFアニメにしてみましたので、クリックしてご参照下さい。

ハメコミ操作のGIFアニメーション
[ 画像クリックで GO & STOP ]

貼り付け先画像上からはみ出た部分は、編集枠のスクロールバーを動かすことで表示出来ます。

さて、四角とも貼れましたら合成編集の最終段階に入りますが、再度貼り付け位置がこれでよいのかを確認して、もしズレている部分がありましたらCtrlキーを押さえたままで調整することが出来ます。
この辺りの微調整は、マウスでのコントロールにあなたの繊細さを必要とする部分なんです(笑)

ハメコミが完成した画像の保存操作

さて、四角全部貼れましたら……

「OK」ボタンの操作

編集画面下の「OK」ボタンをクリックすると最終画像として確定します。

さて、いよいよその確定画像を保存するんですが操作画面上部の「ファイル(F)」→「名前を付けて保存(A)」をクリックすると最終的保存画面になりますが、ここで注意が必要です。

画像ファイルの拡張子が.mdpになっている様子

よく見ると保存しようとするファイルの「拡張子」が ○○○.mdp という形式になっており、このまま名前を付けて保存してしまうと、画像としては利用出来なくなってしまうのです。 これはこのアプリのFireAlpacaの編集形式ですので……

ファイルの種類(T)欄での選択の様子

「ファイルの種類(T)」欄をクリックすると、下に「PNG」や「JPEG」形式メニューが表示されますので、好みのファイル形式にセットしてからファイル名を付けて保存しましょう。

そうすると……

OKボタンをクリック

保存設定のOKボタンをクリック

のようなポップアップ表示がされますが「OK」をクリックで、ハメコミ合成が全て完了します。

ハメコミ合成のテクニックは「画像のそこにないものを後から加えることが出来る」という実に応用範囲が広いものでして、ブログやWEBサイトを運営している方は、是非に覚えられると表現力が増します。
例として下記リンクカードをクリックして同記事をご参照ください。

記事内にあります……

iPhoneの内部に何かいるの?

この画像も、実はハメコミ合成のテクを応用したものなんですよ(笑)
まあ、笑っているアニメーション効果は、FireAlpaca以外のアプリも使って「動き」を作りだしてはいるんですけどね。



関連する記事
[ コメント投稿に関するご案内 ]

弊ブログでは、コメント主さんがご自身のサイトURLを記入してくださると、コメント一覧にご自身のアイコンが表示されるようになっております。

コメント投稿時には、入力必須項目お名前・ご自身のサイトURL・コメント本文」の三項目を入力すると、送信ボタンが表示されます。

コメントは管理人承認後に表示されます。

更新順
便利なアプリ